FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ治癒証明書

文部科学省からの通達がありました。

医療機関の混雑を減らす目的で
治癒証明書のための受診が必要なくなり、
保護者の判断で登園、登校が可能となりました。

これに関しては大歓迎です!!

でも、問題点が。

「解熱後2日が経過したら」登園登校が可能となる点です。

「自然に」解熱した場合は
2日経過したら問題ないと思います。

でも、「タミフル」や「リレンザ」を使用して解熱した場合は
この定義には当てはまらないと考えます。

インフルエンザのおくすりを使った場合、
早ければ1回飲めば解熱します。
その後2日とすると、
「発症から3日」で登園、登校できることになってしまいます。

新型インフルエンザのウイルス排泄期間は
約1週間とされていますし、
インフルエンザのおくすりは
全部で5日間飲むことによって、
インフルエンザウイルスが体の中で増えることをおさえます。
「3日目」はまだまだ周りにうつす「感染源」になっています。

新型インフルエンザの流行に備えた
数々の研究会や勉強会では
感染の拡大を防ぐために、
ウイルス排泄期間の1週間は登園登校できない方向で
統一してきました。

抗体を持っている人もいる
「季節性インフルエンザ」と違い、
「新型インフルエンザ」は誰も抗体を持っていません。
少しでもウイルスを排泄している人がいれば
感染が拡大する可能性が高いわけです。


ここで大切なことは
感染を広げないということは、
脳症や肺炎になり不幸な転帰をたどるこどもたちを
少しでも減らすことができるということです。



なんだかごちゃごちゃと書きましたが、
結局、文科省からの通達が
「解熱後2日」ということである以上、
それが保護者の判断に任されている以上、
私たち医師側の考えはそこに繁栄はされません。

インフルエンザでも、
解熱したら元気になります。
元気になったら登園、登校させたい気持ちは
母親である私もよくわかります。

今日私が書いたことに何の拘束力もありませんが、
少しでも「なるほど!」と思っていただけたら、
せめて、タミフルやリレンザを飲みきるまでは
お休みさせていただけるとうれしいです。

わたしの「ひとりごと」でした。。。

コメントの投稿

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。