FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押さえが大事!

インフルエンザの検査をする回数が増えてきました。
やっぱりみんな嫌がります。泣きます。

どれほど痛いものかと自分で鼻に入れて試したことがありますが、
痛かったです・・・
検査をされた子の中に、次の受診の時、
鼻を手で押さえて診察室に入ってくる子がいますが、納得です。

嫌がる検査をしたくはありませんが、確定診断のためには必要な検査です。
しなくてはいけないのなら、少しでも痛くなく、早く終わらせてあげたいものです。

検査用の綿棒を嫌がって手で払いのけてしまうと、十分な検体がとれません。
正確な検査ができる量がとれるまで、
何度も鼻に入れて痛い思いをさせてしまいます。

そこで重要な役割を果たすのが、ママ、パパです!
お子さんの手が出てこないようにしっかり抱っこしてあげてください。

うしろからお子さんの腕ごと自分の腕を前でクロスさせて抱くのがコツです。
お子さんの背中と自分のお腹に隙間ができないように、
ぐっと力を入れて、引き寄せるように抱っこしてください。
密着することにより、お子さんの不安も少なくなるはずですし、
検査もすぐ終わるという一石二鳥です。

頭は看護師が押さえますし、
足はどんなにばたばたさせても構いません。
もし私にキックをしても気にしないでください!慣れてます!
手がでてこなければそれで十分です。

私が綿棒を取り出したら、間髪入れずにご協力いただけると、
あっという間に検査は終わります。

これは溶連菌やアデノウイルスなどのほかの検査でも同じです。
ご協力をよろしくお願いします!!

コメントの投稿

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。