FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザワクチンと子宮頸がんワクチン

インフルエンザワクチンと子宮頸がんワクチンに
変更点があるのでお知らせします。

まずはインフルエンザワクチン。
今年からワクチンの接種量が変わります。

6か月以上3歳未満 0.25ml 2回 接種間隔2~4週
3歳以上13歳未満 0.5ml 2回 接種間隔2~4週
13歳以上 0.5ml 1回又は2回 接種間隔1~4週

ちなみに昨年までは
1歳未満 0.1ml 2回
1歳以上6歳未満 0.2ml 2回
6歳以上13歳未満 0.3ml 2回
13歳以上 0.5ml 1回又は2回
接種間隔はすべて1~4週 でした。

一見してわかるのは接種量がかなり増えるということです。
これにより、より確かな抗体の上昇が見込めます。

接種量が増え、ワクチンが従来より多く必要になるため
今年から料金を1回¥3500に統一させていただきます。
従来通り消費税は込みです。
ご了承ください。


子宮頸がんワクチンです。

ガーダシルが承認され、9月14日から新規の接種は
従来のサーバリックスかガーダシルかを選択できるようになります。

そうなるとどちらがいいですかと聞きたくなりますよね。

どちらも一長一短です。

サーバリックスはアジュバンドのおかげで抗体の上昇が確実です。

ガーダシルは尖圭コンジローマ(外陰部のイボ)にも効果があります。
子宮頸がんに関しても網羅できる範囲が広いです。
抗体の上昇はサーバリックスほどではありません。

最終的に本人やご両親の判断になります。
決めかねる時はご相談にいらしてください。



マムは8月で開院から10年目を迎えました。
10年突っ走ってきたなという印象です。
これからもマムに来てよかったと言ってもらえるクリニックを目指し
努力していくつもりです。


最後に前回の豆の件で
「食べさせてしまっていたため心配。受診した方がよいか」
というご質問を受けました。
少なくとも今無症状であれば、これから気をつければ大丈夫です。

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。